FC2ブログ

ボルゾイの老犬介護実習

こんにちは!
動物看護福祉コースです。

今日は動物病院に入院しているボルゾイの小春ちゃんを紹介していきたいと思います。

みなさん、「褥瘡」って知ってますか?
年老いて足の力が弱くなったり、椎間板ヘルニアで寝たきりになることで、皮膚に長い時間圧迫が加わり、皮膚の組織が壊死してくることを言います。

特に骨が出っ張っている部分(ほお、肩、腰、前足首、後足首など) は寝床と接しているため、皮膚に身体の重みがかかってで圧迫され、血液の流れが悪くなり床ずれが出来やすくなります。
img_0_20171108181119383.jpg

そして今回、小春ちゃんの腰に褥瘡ができてしまったのです。
S_6958479780074.jpg


そこで看護2年生が総出で小春ちゃんのケアをしていくことにしました!

傷は清潔にして、保湿して、圧迫されないようにしながら、保護していきます。
こちらの傷ばかり集中していると、今度は逆側でも褥瘡ができる可能性があるので注意が必要です。

介助しながら散歩もさせます。
S_6958575528992.jpg


ごはんをあげてます。
S_6958479806713.jpg

褥瘡ができないようにクッションをたくさん使います。
S_6958575442285.jpg



早く治りますように
スポンサーサイト
プロフィール

つくば国際ペット専門学校

Author:つくば国際ペット専門学校
 たくさんのわんこと学べる学校

最近の記事
カテゴリー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


RSSフィード
リンク